ホーム > アーカイブ > 2015年3月のアーカイブ

2015年3月のアーカイブ

11月区議会で提案!目黒区プレミアム商品券が発行に!

06052235_5390720a817fb
(↑現在の目黒区内共通商品券。4月には別のデザインも出ます)

国の補正予算で決まった「地域住民生活等緊急支援のための交付金」と、東京都の「地域消費喚起特別支援事業補助金」を活用し、現在、目黒区商店街連合会が発行している「目黒区内共通商品券」に、20%プレミアムを付けて販売するプレミアム商品券事業を行うことが目黒区で決まりました。

1万円で1万2千円分の商品券を購入することができます。ただし1人最高で5万円までの制限予定です。

日本共産党は、格差が拡大する中で、区民生活と区内中小企業を応援できる「プレミアム商品券」の発行を11月区議会の一般質問や予算要望で目黒区に迫ってきました。2009年にも、10%のプレミアム商品券が、郵便局や商店街事務所で販売されましたが、列ができ、すぐに完売のところもありました。広く区民に行き渡らせることが必要です。発行開始は、現在調整中で夏ごろとのことです。日時が決まりましたら、またお知らせします。

高すぎる国民健康保険料 また引き上げへ!

国保料値上げに自・公・民・維新は賛成

高すぎる国民健康保険料が今年4月からまた値上げされようとしています。一人当たりの平均保険料は前年度比3442円増の10万6545円になります。とくに新年度は住民税非課税世帯への減額措置がなくなるため、低所得者層の引き上げが顕著になります。

高くて払えない!
これ以上の負担増は許せません

国保加入者の多くが高齢者や自営業者、非正規労働者、失業者などです。所得は減る一方なのに、23区の保険料は10年以上連続して上がる一方です。目黒区の国保加入者の所得状況は、所得100万円以下が59%、所得200万円以下が76%を占めています。こうした所得が低い層ほど支払えない高い保険料になっています。給与所得者3人世帯で所得200万円のケースは、生活保護水準ギリギリでありながら、今年も3年続きで2万円以上の大幅値上げとなり、5年間では9万円余から18万円余に値上げ額は2倍にもなります。

保険証取り上げ問題

高すぎる保険料が払えず滞納する世帯が12800世帯にもなり、保険証の取り上げなど深刻な事態が起こっています。正規の保険証がもらえず短期証の発行は2085件、資格証は155件、差押は127件に上ります。こうした、滞納対策の強化だけでは問題は全く解決せず、国保加入者の医療を受ける権利さえ奪うことになりかねません。日本共産党は、被保険者の生活実態を見ずに一律に収入を差し押さえたり、過酷な滞納対策を押し付けるのはやめよと主張してきました。また、被保険者のなかで、滞納世帯が増えているおおもとに、高すぎる国保料があります。国民皆保険制度を守るためには、削減された国庫負担を元に戻すとともに、都や区が十分な公費負担を行うなど、保険料を抑える施策を行うべきだと主張してきました。

特養ホーム・認可保育園つくるために区有地売却やめよ! 共産党区議団と独歩の会が共同で予算修正を提案

  • 2015年3月26日 9:22 AM
  • 政策

共産党区議団と独歩の会・生活者ネットは賛成
自民・公明・民主が否決!

日本共産党目黒区議団は、無所属会派と共同で、区有地(JR跡地)を売却せずに、認可保育園と特養ホームの増設を求める予算修正案を区議会に提出しました。3月18日の予算特別委員会で審議されましたが自民・公明・民主により否決されました。JR跡地は、20年前に東京都と目黒区が64億円を使い、福祉のために購入した土地です。目黒区は新年度予算で41億5200万円で売却しようとしています。

区は、「土地がない」からと認可保育園や特養ホームの建設に背を向けています。この間、自民・公明・民主・維新などは「売却せずに活用を」という区民の陳情を反対し否決。もともと福祉のために購入した土地を、大企業のもうけのために転売するなどとんでもありません。

・保育園は待機児1000人以上!大変な事態
4月の認可保育園の入園希望者は、定員の776人に対して1892人。1116人が待機児となり、希望者の6割がはみ出す事態です。23区でも最悪と思われます。
10421459_1589656121248857_2931459337096691941_n

・特養ホームは14年間建設ゼロ!23区中19位
特養ホームの待機者が1000人を超える事態が続いているのにこの15年間建設ゼロ。近隣区と比べても異常です。計画されていた区立第4特養さえ中止し、高齢者人口に対する整備率は23区で19位です。
11040397_1589656164582186_683429176426528280_n

JR宿舎跡地(8500㎡)売却はやめ、区民のために活用せよ!共産党目黒区議団は予算修正を要求!

  • 2015年3月17日 5:36 PM
  • 政策

JR跡地
日本共産党目黒区議団は、現在開かれている第1回区議会定例会に、2015年度予算の修正案を提出しました。3月10日から本格的な新年度予算案の審議が始まる予算特別委員会で取り扱われます。
内容は、主に8500㎡のJR跡地の売却収入を歳入から外し、財政調整基金を歳入に繰り入れるものです。この予算修正案は無所属・独歩の会との共同提案です。

●区民の貴重な財産を売るな!

いま目黒区は保育園や特養ホームが足りません。区もそれを認めていながら、土地の確保が大変だといってこの間なかなか増えませんでした。それなのに、福祉のために32億円で買ったこのJR跡地を20年間ずっと放置して、今回27億円で売却するというんです。こんなおかしい話はないと思います。このことは、今年の4月に行われる区議会議員選挙の大きな争点になります。
一等地に福祉施設はもったいないと民間のもうけのために活用させようとしたり、今回の売却計画に無条件に賛成している自民・公明・民主に、選挙で厳しい審判を下してください。日本共産党は、JR跡地売却はやめて、区民のくらしのために使えと訴えています。わたしもこのことを実現するため、みなさんとともにがんばります。

松嶋祐一郎事務所びらき&決起集会

松嶋決起集会

【松嶋祐一郎の活動報告&励ますつどい】 たくさんの方がご参加いただきありがとうございました。

11025757_10205913440816394_6240868773327247953_n unnamed

2月28日、八雲住区センターにて松嶋祐一郎の活動報告・励ますつどいが開催されました。八雲に在住の、妻でもある吉良よし子参議院議員が応援に駆け付けました。吉良議員は、ブラック企業問題の国会質問での成果など国会情勢を報告。

わたしもブラック企業での勤務を経験し、「政治を変えなければ解決しない」と共産党に入党した原点を訴えました。前回の区議選から4年。わたしは地域で、困難に直面した住民によりそって活動してきた経験を報告しました。

2011年の東日本大震災の時には、地域のみなさんに呼びかけて募金を集めたり、支援物資を集めてトラックで届けました。被災者の皆さんのうれしそうな顔はわすれることができません。

八雲の事務所での生活相談では、どこでもいいから保育園に入りたいという子供を抱えたお母さんからの相談。急に会社をクビにされて、賃金の不払いをなんとかしてほしいという若い人の相談。病気になって、年金だけでは食べていかれないと生活保護の相談。わたしは、こうした相談活動を通じて、今の自民党政治の歪みを実感するとともに、区民と一緒に声を上げながら困難を乗り越えてきた、4年間の貴重な経験を語りました。
また、図書館の開館時間短縮という目黒区の暴挙を1300筆の署名を集めてやめさせたことなども報告しました。
わたしは今回のいっせい地方選挙で、草の根から安倍政権のくらし破壊の暴走政治をストップさせるとともに、23区でも最低レベルになっている認可保育園や特別養護老人ホームの増設、駒沢公園のプールの再開など、目黒区の福祉とくらしを充実させるために、住民といっしょにがんばる決意を述べました

「区有地の売却はやめよ!」共産党区議団が予算修正案を提案!

日本共産党目黒区議団は、現在開かれている第1回区議会定例会に、2015年度予算の修正案を提出しました。3月10日から本格的な新年度予算案の審議が始まる予算特別委員会で取り扱われます。
内容は、主に8500㎡のJR跡地の売却収入を歳入から外し、財政調整基金を歳入に繰り入れるものです。この予算修正案は無所属・独歩の会との共同提案です。

●区民の貴重な土地を売るな!

いま目黒区は保育園や特養ホームが足りません。区もそれを認めていながら、土地の確保が大変だといってこの間なかなか増えませんでした。それなのに、福祉のために32億円で買ったこのJR跡地を20年間ずっと放置して、今回27億円で売却するというんです。こんなおかしい話はないと思います。このことは、今年の4月に行われる区議会議員選挙の大きな争点になります。
一等地に福祉施設はもったいないと民間のもうけのために活用させようとしたり、今回の売却計画に無条件に賛成している自民・公明・民主に、選挙で厳しい審判を下してください。日本共産党は、JR跡地売却はやめて、区民のくらしのために使えと訴えています。わたしもこのことを実現するため、みなさんとともにがんばります。

ホーム > アーカイブ > 2015年3月のアーカイブ

ページの上部に戻る