ホーム > アーカイブ > 2013年6月のアーカイブ

2013年6月のアーカイブ

【都議選結果報告】日本の首都東京で、日本共産党が倍以上に躍進!

6月23日、東京都議会議員選挙が行われました。
定数3の目黒区で、わたしは8211票、得票率9.23%を獲得しました。残念ながら当選には至りませんでした。わたしにお寄せいただいたご支援ご協力に感謝を申し上げるとともに、期待に応えられず申し訳ありませんでした。

わたしが街頭で政策を訴える中で、「認可保育園をつくって!」や「国民健康保険料が高すぎる!」というくらしの声を、寄せていただきました。こういう声に応えられる都政がいまなんとしても必要です。わたしは都議会議員にはなれませんでしたが、こうしたくらしの声に応えるために、引き続き目黒区八雲の事務所でがんばってまいります。今後とも、日本共産党・松嶋祐一郎へのご支持とご支援を心からお願いします。

東京都では、日本共産党が8議席から17議席への躍進しました!!これも全国のみなさんの応援の成果です。日本の首都東京で、日本共産党が倍以上に躍進したことの意義は大きいものがあります。都議選で躍進したのが、自民公明と共産です。続く参議院選挙の対決の構図ははっきりとしました。「憲法改悪」や「消費税の増税」、「原発再稼働」や「TPP加入」を推し進める安倍自公政権VS日本共産党です。参議院選挙で、安倍政権の暴走を許さない日本共産党を大きくのばすために、わたしはみなさんとともにがんばります。

都議選では、多くの若い人たちが「松嶋がんばれ!」と、支援に駆けつけてくれました。感謝です。
告示前に、作家でわたしの友人の鈴掛真くんが応援に駆けつけてくれて、ブログにも紹介してくれました。

1001173_460152337400439_1538647053_n

http://ameblo.jp/suzukakeshin/entry-11549461737.html

都議選で、こうした若者の政治変革への願いにわたしが応えられなかったのは残念ですが、多くの仲間から「これからもがんばろう!」とあたたかい声援をもらいました。
わたしは、原発再稼働や憲法改悪など、いのちとくらしをないがしろにし、民主主義を踏みにじる安倍政権の暴挙を許さないためにも、参議院選挙必勝に向けてこれからもがんばります。

 

 

 


全日本精神疾患民主患者同盟から推薦状をいただきました!

6月7日、全日本精神疾患民主患者同盟から推薦状をいただきました!

「都議選ぜひがんばってください!」と激励を受けました。
わたしはみなさんのくらしと福祉を守るために全力でがんばります!

986598_278247952319467_1303211017_n


「松嶋祐一郎をはげます若者のつどい」 開催のお知らせ!

日本共産党 松嶋祐一郎 事務所開きのご案内

matsushima6

都議会議員選挙が6月14日告示23日投票で行われます。

このたび、都民のくらしや福祉を守るための活動拠点となる松嶋祐一郎事務所を開設することになりました。お忙しい中とは思いますが、下記の日程で事務所開きを行います。ぜひ、ご参加ください。

日時:6月5日(水)
午後6時より
場所:目黒区八雲1-8-4
都立大学駅より徒歩5分


松嶋祐一郎・東大生の前で訴え!

5月24日、「日本共産党を応援する東大生の会」が企画するつどいに招かれ、わたしが政治を志したわけや、共産党への思いをお話してきました。
ブラック企業問題や不安定雇用、賃上げ政策で深い議論ができました。 学生から寄せられた感想を紹介します。

「年の比較的近い松嶋さんのお話は大変聞きやすいものでした。法人税と国際企業の活動場所についてのお話、マスコミによる一市民の思考の経営者化など、非常に印象に残るものの多い講演でした。」
「松嶋さんが『私たち一人一人が主権者として民主主義を守るために立ち上がらないといけない』と仰ったのが印象に残りました。一人の国民として政治にしっかり関わっていきたいと思います」

わたしは東大生の前で、東京都に就労支援事業を拡充させ、働く人を大切にする政治、正社員が当たり前の雇用ルールを実現させようと訴えました。


ホーム > アーカイブ > 2013年6月のアーカイブ

ページの上部に戻る