ホーム > アーカイブ > 2013年1月のアーカイブ

2013年1月のアーカイブ

新春のつどいや旗びらきに参加しています!


(上の写真は1月19日に参加した、共産党目黒後援会主催の「新春のつどい」中目黒スクエアにて)

1月は、各種労働組合や民主団体の新年会、新春のつどいなどに参加させていただいています。
みなさんの悩みや、要求を聞いて、勉強するとともにそれを実現するためにがんばってまいります。東京土建の分会にお邪魔した際、建設業者の方から仕事の苦労を聞かせていただきました。昔は3万だった手間賃が今は1万円。交通費も実費。消費税などとんでもない!こういう声を聞いて、消費税増税中止とともに、防災対策などで中小業者支援の仕事づくりや、地域の活性化を進めていかなければと強く思いました。


【成人の日】新成人のみなさんに訴えました!


1月14日(月・祝)めぐろパーシモンホールで「目黒区成人の日のつどい」が催されました。わたしは当日、会場の近くで民主青年同盟とともに、街頭で新成人のみなさんにお祝いの言葉を述べました。
この日は大雪で、会場の前の道では、坂を登れない車が続出。動けず困っている車を見て、新成人のみなさんが協力して車を押している姿に感動しました。わたしもみんなで車を押したり、誘導したりで大変でした。
今年は参議院選挙と都議会議員選挙が行われます。わたしは、新成人のみなさんが主権者として、選挙に参加して自分たちが願う社会の実現に向けて、ぜひ政治に参加し、声を上げてほしいということを訴えました。いま若者の二人に一人が不安定雇用といわれる中で、「ちゃんと就職できるか不安」という新成人の声に、政治がしっかり応えていかなければならないと思っています。正社員が当たり前の社会をつくるために、ご一緒に政治を変えましょうと訴えると、「寒い中がんばってください!」と新成人からあたたかい声援をいただきました。


新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。
今年は都議会議員選挙が行われる年です。都政を変えるチャンスです。
わたしも、くらしといのちを守る東京都をつくるために全力でがんばってまいります。

昨年末に行われた総選挙では民主党政権に厳しい審判が下り、再び自公政権が誕生しました。
安倍自民党政権は、憲法改正や集団的自衛権の行使という「戦争のできる国」を目指すことを公言し、さらに原発再稼働や消費税の増税、TPPなど国民のくらしを破壊する政策を推進しようとしています。けれども国民の多くは、給料や年金が下がり続けるなか、各種社会保障費も値上がり、消費税も増税、さらに安倍政権がすすめる金融緩和で物価が上昇すれば、もはやくらしていけません。こうした政策を続ける限り、国民生活との矛盾はますます激しくなり、政権運営も難しくなるでしょう。安倍政権が政策を実行しようとすればするほど、国民の反発は高まり、原発反対の声や、消費税増税反対の声、平和憲法を守れの声と運動が高揚してくると思います。

わたしは、こうした庶民の怒りの声、「政治を変えたい」と願う声を代弁する政治家でありたいと思います。国民のリアルな声に耳を傾けられない政治家は終わりです。憲法改正に反対する声は50パーセントを超える中で、安倍政権は憲法改正を実行しようとしています。憲法改正にNOを叫ぶ国民の怒りの声と運動は必ず安倍政権にNOを突きつけるでしょう。

昨年末は、生活が大変で年が越せないと、わたしの事務所にも何人も生活相談にきました。いっしょに区役所に相談にいき、年が越せるようにいろんなお手伝いをさせていただきました。まじめに働き、くらしてきた人たちが、生活困窮に陥る姿をみて、今の政治がいかに悪政かを痛感しています。ほんとうに政治を変えなければなりません。今年の6月から7月にかけて、都議会議員選挙と参議院選挙が行われる予定です。政治を変えるチャンスです。今年も松嶋 祐一郎をどうぞよろしくお願いいたします。


ホーム > アーカイブ > 2013年1月のアーカイブ

ページの上部に戻る