ホーム > アーカイブ > 2018年5月のアーカイブ

2018年5月のアーカイブ

増える子どもの虐待 目黒区の実態

  • 2018年5月16日 4:48 PM
  • 政策

目黒区内でも今年の3月虐待による死亡事件が起こり、行政の対応が問われています。虐待はあってはならないことですが、残念ながら増えているのが現状です。

5月9日、わたしが所属する文教子ども委員会にて、目黒区内の虐待などの件数を示す、2017年度子ども家庭支援センターにおける要保護児童相談数の報告がありました。


目黒区でも虐待の件数が増えているのがわかります。
目黒区は子どもの面前での言い争い(面前DV)をカウントするようになったからといっていますが、子どもの虐待は今日の社会状況を反映し、格差と貧困の中で生み出される深刻な問題だと思います。今後目黒でも児童相談所が開設されますが、親への支援や、虐待を早期発見・早期対応できるような施設が求められます。子どもの最善の利益が守られるように、わたしも区議会で要望していきます。

東京レインボープライドに参加しました

5月6日、東京レインボープライドに夫婦で参加しました。

渋谷や世田谷に続き中野区もパートナーシップ条例が制定されるなど、LGBTの対応が大きく前進しています。東京都でもLGBT条例の動きがあります。目黒区でも早急に取り組むべき課題です。会場では、豊島区や港区など、さまざまな自治体の住民が、LGBTパートナーシップ制度を求める請願署名を集めていました。残念ながら、目黒はありませんでしたが、目黒でも住民の署名や陳情などが広がっていけばよいなと思いました。

わたしも、目黒で同性パートナーシップ制度の早期実現など、だれもが普通に暮らせて、ひとりひとりが大事にされるまち、多様性を尊重する目黒区を実現するためにがんばります!

ホーム > アーカイブ > 2018年5月のアーカイブ

ページの上部に戻る