自由が丘3丁目平岩邸(白日荘)を 公園など区民のために!

目黒区は遺贈(遺言による贈与)を受けよ!

目黒区自由が丘の3600平方㍍に及ぶ広大な土地や建物などを遺贈(遺言による贈与)する申し入れが同区にあり、どうなるのか、12月議会が注目されます。動物学者で〝オオカミ博士〟とも言われた故・平岩米吉邸。

区は遺贈を受けないことを決めたものの、公園などに活用するよう町会や商店会、保育園などの訴えが相次いでいます。

 自由が丘の商店街振興組合、町会、住区などがこぞって要望

この土地の遺贈申し入れを知った自由が丘の4団体から、10月に遺贈を受け入れるよう青木英二区長に要望書が提出されました。そこには、都市再生推進法人株式会社ジェイ・スピリット社長、自由が丘町会長、自由が丘住区住民会議会長、自由が丘商店振興組合会長とまさに地元の有力者の名前がズラリと並んでいます。
その要望書には平岩邸は、戦前からの「貴重な緑地」であり、建物は「自由が丘の創世記を遺す貴重な文化資源」平岩氏の研究は「今日のペット文化の先駆け」と強調し、自由が丘周辺が今、イヌやネコと共に住みやすい街となっていることは「平岩氏の志を街が受け継いできた結果」だとも。遺贈の受け入れに際し、商店街が協力できることがあれば〝提案してほしい〟と熱く訴えたものでした。

 区が受けない理由は

区は9月末に政策決定会議を開催。そこで遺贈の申し出を「受けない」こととし、第4回定例会に議案を提出して承認を得る考えです。理由は、「敷地の一部を非公開とし、土地の転用ができないことなどの厳しい条件があり、維持管理に多額の費用がかかるためだ」としています。

 情報公開で明らかになった
    「条件緩和」の事実

しかし、区側からの報告文書では、審議経過はほとんどわかりません。共産党区議団は独自に情報開示請求で審査に関わる書類を入手しました。それによると平岩由伎子氏が遺書を補完する「手紙」を残し、遺贈の条件を「ある程度の譲歩はしかたない」とのべていたことが判明しました。「手紙」を受け、遺言執行者(弁護士)から敷地内に無料公園や保育所の設置を認めるなどの「提案」もされていることが分かりました。さらに、どのような負担軽減がされれば目黒区は遺贈を受けるのか、提案してほしいとまで言っていました。
由伎子氏側の「手紙」と「提案」は区に提出されているのに、区が議論した形跡はまったく見られません。総務部契約課の担当者も「〝受けられない〟ということです」と答えるだけです。

区民にも議会にも情報を隠したままの議案審議は問題

区からはこれまで遺贈者の条件緩和についての説明は議会に全くされていません。情報を隠したままでは十分な審議はできません。
自由が丘や緑が丘地域に保育園をつくって50年の緑丘保育園の桐山研園長と父母の会の石井麻美子会長からも、区が遺贈を受け入れ、「地域の公園に」との要望書が区に提出されています。
一般社団法人日本オオカミ協会も11月、平岩邸や資料館が保存・保護されるよう要望しています。
こうした区民や関係者の声にこたえるためにも遺贈の申し入れを拒否するのではなく、十分な話し合いと検討が求められます。

今からでも声をあげて!

議案が上程されるのは11月27日(火)です。審議がおこなわれるのは28日(水)です。今からでも目黒区長や区議会に今議会での上程をやめ、区民の声を聞くとともに、遺贈者との充分な話し合いを行うよう求めていきましょう。ぜひ、目黒区に声を上げてください。

カテゴリー: 政策, 目黒区議会 | コメントする

駒沢公園プールの再開を求め、市民が要望書を提出

 


「駒沢プールの再生を求める会」は8月28日(火)10時、東京都のオリンピック・パラリンピック準備局にプールの再開を求める要請書を手渡しました。

星見てい子都議会議員立会のもと、会からは川村洋子代表と目黒・世田谷区民等10名、東京都からはオリンピック・パラリンピック準備局スポーツ推進部長の小室明子氏と小野塚直哉同課長代理が出席しました。川村氏は①駒沢オリンピック公園のプールを年間通して使えるプールとして改築再生してください②プール改築にあたっては利用者・関係者の意見を取り入れてください、と2項目の要望・理由について説明しました。「他のスポーツでは体の故障があったら中断することもあるがプールは病気の治療・リハビリのために使うこともある。体を水平に保ち,体幹を鍛えバランス感覚を養う」などスイミングの利点を強調。他の参加者からは「再開を求める署名に同意する声が多数寄せられている」「駒沢公園は都民に愛されている総合公園だからぜひプールも設置すべき」などの意見が出されました。

これに対しオリ・パラ準備局スポーツ推進部長小室明子氏はこれまでの都の立場―老朽化による廃止であり、現時点では平成22年時点の計画にとどまっている状態であると説明。壊して別の施設を作るなどの計画は作られていないことを明らかにしました。そして屋内プール建築には莫大な費用がかかること、都が整備する意義は広域的・オール都民的な性質を有することが条件となる、近隣住民が希望するから建てるというのは区段階の課題であると説明しつつも、今後の施設建設計画に当っては皆さんからの再建要望があったことは記録しておくと話していました。要望書提出には私(松嶋)も同席しました。

カテゴリー: イベント | コメントする

自由が丘の駅前どう変わる?都市計画道路 補助127号線の拡幅について

自由が丘駅前が再開発によって変わろうとしています。自由が丘駅周辺地区整備事業は、昨年5月に「自由が丘1-29地区再開発準備組合」が発足し、都市計画道路、補助127号線の道路拡幅の動きと相まって、大型再開発が動き出しました。すでに自由が丘駅前の三井住友銀行も、建て替えに合わせて道路拡幅を見越した9メートルのセットバックを行っています。

 

補助127号線沿線の地権者や商店主の方々が主催の勉強会に参加して

優先整備路線に指定されている補助127号線の拡幅によって、自由が丘のまちがどう変わるのでしょうか。わたしは、7月22日に補助127号沿線地権者や商店のみなさんが主催した勉強会に参加してきました。講師は、自由が丘まち運営会議の議長も務める卯月盛男早稲田大学教授です。勉強会で出された意見はとても勉強になりました。まず、自由が丘駅周辺は道路が狭く、通行に危険な個所もあり整備が必要。しかし、127号線の道路計画は上から押し付けられるものではなく、市民が提案する権利があるということ。道路を広げるとしても、無限のバリエーションがある。例えば、現行計画では、西(蜂の家)側だけが9メートルバックする現行計画だが、東(みずほ銀行)側もセットバックする「いたみわけ案」や、現行計画通り必ず15m道路に広げるのではなく、12mに縮小することもできるのでは、など様々な案が出されました。

 

この道路計画によって、お店自体がなくなってしまうなど、大きな影響がでます。わたしは歩行者の安全の確保と同時に、商店や地域住民を主体にした、まちづくりを目黒区に求めていきます。

(日本共産党目黒区議団は、8月5日に、補助127号線整備を含む「東京における都市計画道路の在り方に関する基本方針(中間のまとめ)」についての意見をHPで公表しています。)

 

カテゴリー: 政策 | コメントする

危険!羽田国際空港の都心低空飛行計画は撤回を!

2020年東京オリンピックに向け、羽田国際空港から離発着する国際線の飛行機を増便するため、都心上空を飛行する計画が進められています。都民のいのちと暮らしを脅かす重大問題です。

【目黒区上空500〜600mを飛行する計画】

国土交通省が発表した計画によると、新たな飛行経路での離発着は毎時90回(南風時15時~17時、北風時7時~11時半、15時~19時)とされ、空港周辺の太田・品川・江東区に加え、港・新宿・目黒・渋谷の各区、さらには中野・練馬・豊島・荒川など周辺上空を飛行する計画です。このため目黒の上空ではスカイツリーよりも低い500メートルから600メートル、空港直近の品川八潮地域ではわずか210~240メートルになります。

【毎日1件以上の落下物】

重大事故につながる落下物は、2009年以降の8年間で437件が確認されています。さらに、共産党国会議員の追求で、昨年11月~今年5月の半年間で部品など219件の落下があったと答弁。この数字から1日1件以上落下物があったと言うことです。昨年大阪で数キロにもなるパネルが落下しましたが、一歩間違えば命に関わる事故でした。

【共産党区議団の提案】
共産党区議団は、低空飛行については議会でも取り上げ、国交省との交渉などにも参加してきました。日本共産党は、次のことを提案しています。
●都心上空を飛行する羽田国際空港機能拡張計画の中止。
●国際線航路の需要に応えるための成田国際空港との分担による枠確保や、地方空港の活用。
●江戸川区上空を飛ぶ飛行ルートの廃止。
●アメリカ軍の管制下におかれ日本の空の安全を脅かしている横田空域の返還。

カテゴリー: 政策 | コメントする

杉田水脈の議員辞職を求める自民党本部前抗議に参加しました

自民党の杉田水脈議員が子どもを作らないLGBTは「生産性がない」と発言し問題になっています。かつてのナチスが障害者や同性愛者など「生産性がない」とした人間を20万人”安楽死”させたことを彷彿とさせます。現在、安倍政権の権威を後ろ盾に、人権をないがしろにし、弱い立場の人を追い詰めるような言葉がネット上にあふれるようになりました。こういう社会でいいのでしょうか。

7月27日に、杉田議員が所属する自民党本部前で抗議が行われました。わたしも参加しました。当事者の友人に一緒に行こうと呼びかけると、たくさんの友人を誘って参加してくれました。はじめて抗議活動に参加した若い仲間たちです。怒りがどんどん広がっていることを感じます。「生産性があるかないかで差別をするな!」というコールに感動。たしかに、生きているだけで、そのことそのものが尊いと思います。わたしは、すべての人の基本的人権や個人としての尊厳が保障され、一人ひとりが大切にされるための政治・社会を実現します。

カテゴリー: イベント | コメントする

子育て支援に逆行する保育料の値上げ条例に反対しました

6月区議会で、認可保育園などの保育料値上げ条例案が自民、公明、立憲・区民クラブ、維新などの賛成多数で可決しました。日本共産党と無会派の須藤議員が反対しました。

目黒区の保育料の値上げはしょうがないことなのでしょうか

保育園は、単なる託児所ではなく、保護者の就労を保障するとともに子どもの成長発達を保障する場です。保育園は単なるサービスではありません。子どもたちが、教育を受け保護される権利を保障するものです。保育園は子どもたちという未来社会の担い手を育てる場所です。そういう意味で、保育園は単なる個人の利益だけではなく、広く社会の公益のために役立っているのです。

だからこそ、児童福祉法では、自治体は保育を必要とする乳幼児に対する、保育の実施義務を負っているのです。保育料は、確かに自治体が保護者から徴収することができますが、基本的には経費は国や自治体が負担すべきものです。

目黒区はお金がないのでしょうか?

目黒区は昨年度1年間に、新たに32億円の基金残高(貯金)を増やしています。年間1億1000万円の新たな保育料の値上げを保護者に押し付けなくても、今のままで十分に保育園を運営する力はあります。こうした保育料の値上げ、みなさんはどう思いますか?

カテゴリー: 政策, 目黒区議会 | コメントする

西日本豪雨災害義援金の募金活動を行いました

7月11日、目黒区議会の超党派の有志で、都立大学駅で西日本豪雨災害義援金の募金活動を行いました。わたしも義援金のお願いを訴えました。多くの方から募金が寄せられ、1時間の活動でしたが、110,927円集まりました。ありがとうございました。
被災した府県に直接送らせていただきます。

カテゴリー: 松嶋祐一郎ニュース, 目黒区議会 | コメントする

目黒区立保育園 おむつ持ち帰りなくします


目黒の区立保育園で、いままで親に使用済み紙オムツを持ち帰りさせていたのを、園で処分することになりました。7月17日からです。
保護者の切実な要望が実りました。保育士さんの負担も軽減されます。
しかし、私立ではまだおむつ持ち帰りのところもあるし、父母から処分費を徴収しているところもあり、対応がバラバラです。公立で実施したので、公私格差是正で、私立や認証園でも補助金などで父母負担を軽減するよう目黒区に働きかけていきます。

カテゴリー: 政策, 松嶋祐一郎ニュース | コメントする

駒沢公園のプール再開してほしいと住民の声

7月7日駒沢プール再開についてのアンケート活動を、「駒沢公園のプール再開を願う会(仮称)」の有志で行いました。

ぶた公園・リス公園でお子さんを遊ばせているお父さんお母さん、ジョギング中の方等に声をかけ50名近くの方たちから回答をもらいました。30歳~40歳代の方たちは駒沢プールを使ったことがなかったという人が多く、ほとんどの人が再開されたらぜひ使いたいという回答でした。70歳代の方では「今は使えないから砧公園まで行ってるの」という方もいました。シール投票では、圧倒的に再開を願う声が多数です。

駒沢オリンピック公園のプールは2011年以来老朽化を理由に閉鎖されたままです。「以前子どもが小さかった時によく使ったよ」とか、「公園の近辺に住んでいてここにプールがあるといいのに」という声が私にも寄せられていました。住民の会では何らかの形で声を集め東京都に要望していきたいと話していました。


7月7日、アンケートの際に行ったシール投票の結果

カテゴリー: イベント, 松嶋祐一郎ニュース | コメントする

7月1日松嶋祐一郎区政報告会を行いました。

日本共産しののめ後援会主催で、7月1日、区政報告会を行いました。
わたしは、6月議会の報告を行いました。
3月に起きた児童虐待死事件などを踏まえて、目黒区として子どもを中心にした子育て支援にどう取り組むか。
親へのサポート体制の強化や、児童相談所の強化についてお話しました。

また性的マイノリティの差別をなくす取り組みとして、同性パートナーシップ条例を提案したことも報告しました。
そのあと、福島原発事故と日本の原発の現状について学習会を行いました。

カテゴリー: イベント | コメントする