高すぎる国民健康保険料 また引き上げへ!

国保料値上げに自・公・民・維新は賛成

高すぎる国民健康保険料が今年4月からまた値上げされようとしています。一人当たりの平均保険料は前年度比3442円増の10万6545円になります。とくに新年度は住民税非課税世帯への減額措置がなくなるため、低所得者層の引き上げが顕著になります。

高くて払えない!
これ以上の負担増は許せません

国保加入者の多くが高齢者や自営業者、非正規労働者、失業者などです。所得は減る一方なのに、23区の保険料は10年以上連続して上がる一方です。目黒区の国保加入者の所得状況は、所得100万円以下が59%、所得200万円以下が76%を占めています。こうした所得が低い層ほど支払えない高い保険料になっています。給与所得者3人世帯で所得200万円のケースは、生活保護水準ギリギリでありながら、今年も3年続きで2万円以上の大幅値上げとなり、5年間では9万円余から18万円余に値上げ額は2倍にもなります。

保険証取り上げ問題

高すぎる保険料が払えず滞納する世帯が12800世帯にもなり、保険証の取り上げなど深刻な事態が起こっています。正規の保険証がもらえず短期証の発行は2085件、資格証は155件、差押は127件に上ります。こうした、滞納対策の強化だけでは問題は全く解決せず、国保加入者の医療を受ける権利さえ奪うことになりかねません。日本共産党は、被保険者の生活実態を見ずに一律に収入を差し押さえたり、過酷な滞納対策を押し付けるのはやめよと主張してきました。また、被保険者のなかで、滞納世帯が増えているおおもとに、高すぎる国保料があります。国民皆保険制度を守るためには、削減された国庫負担を元に戻すとともに、都や区が十分な公費負担を行うなど、保険料を抑える施策を行うべきだと主張してきました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください