ホーム > アーカイブ > 2013年2月のアーカイブ

2013年2月のアーカイブ

【共産党後援会主催】憲法学習会に参加しました!

2月16日、八雲住区センターで、しののめ後援会主催の憲法学習会が行われました。憲法とはなにか。憲法の役割から、今の安倍政権が進める憲法改正の問題点などを、わかりやすく解説していただきました。
とくにわたしが印象に残ったのは、近代の憲法とは、おもに国民を縛るためのものではなく、国民の権利を守り、国家権力の暴走を防ぎ、圧制を制限するものである、というところでした。日本国憲法は、①国民主権②平和主義③基本的人権の尊重という三大原則で有名です。これはすべて国民がより良く生きるために絶対に必要なものです。自民党の改憲案は、第97条の「基本的人権の尊重」を丸ごと削除していたり、天皇中心の国家であると謳い、国民主権が後退しています。さらに憲法9条の改正で国防軍を創設するとしています。国民の権利を守るための憲法から、国民が多大な犠牲を被る、大昔の憲法にまた戻そうというのが自民党の改憲案のようです。

第3回「国防軍反対!」デモに参加しました

2月17日、渋谷から原宿にかけて行われた「国防軍反対デモ」に参加して来ました。自民党が改憲案のなかで「国防軍」の創設を打ち出したことに対して、反対するためのデモです。

デモ行進の先頭にはアイドルグループの「制服向上委員会」の皆さんが歩き、みんなで「国防軍反対!」「北朝鮮の核実験反対!」「9条活かせ!」と声を上げました。約80名が参加したそうです。 今年は参議院選挙がありますが、もし選挙で自民党が大勝して、憲法が変えられてしまえば、日本が「戦争の出来る国」にされてしまいます。わたしは、平和憲法を守り、これを生かした平和外交によって世界とアジアの平和に貢献する日本をめざすべきだと思っています。戦争で犠牲になるのはいつも弱い立場のわたしたちの庶民なのですから。

(制服向上委員会のメンバーのスピーチ)


参議院予定候補の吉良よし子さん(右)も参加していました

目黒区に国保料値下げを求める申し入れを行いました!

2月13日、目黒区に対して、国民健康保険料の値下げを求める申し入れを行ってきました。
国保料は、10年連続の値上げという異常事態です!新年度の算定でもまた値上げの計画です。
わたしは区に対して、国や都に保険料引き下げのための財源措置を求めるようお願いしてきました。

国保料の値下げを実現するために、これからもみなさんといっしょにがんばります!

東京都に対して公立保育所整備の財政支援を求める申し入れを行いました

  • 2013年2月14日 3:51 PM
  • 政策

2月7日、東京都に対して、区立保育園の整備・改築に対し財政支援を求める申し入れを行ってきました。
今、目黒区では、公設公営の上目黒保育園、中目黒保育園、東山保育園、鷹番保育園の民設民営化計画が進められようとしています。
また現在、公設民営で運営している目黒保育園、中目黒駅前保育園、第二ひもんや保育園も指定管理者の指定期間が満了になった時点で民設民営にする予定です。さらにその後の民営化についても検討するとしています。

目黒では公立保育園の建て替えの時期にあたり、保育園の建て替え費用の負担を避けようと、民間へ移譲する計画です。
小泉政権時の三位一体改革による官から民への動きによって、公立保育園の施設整備費が一般財源化されるなどで、公立保育園の存続が厳しい状況が続いています。待機児が多くいるなかで、74%の保護者は質の高い公立の保育園に入園を希望しています。公立保育園を減らすことは、待機児問題の根本的な解決にはなりません。

公立保育園をモデルに頑張ってきた地域の保育関係者は、民営化で保育環境やきめ細かな保育の質は保てるのか不安だといっています。
民営化された保育園では、保育士の定着が悪いなど問題点もあります。東京都は「認可保育園を増やす」と言うのであれば、認可保育園の増設とともに公立保育園の建て替えも支援すべきです。

ホーム > アーカイブ > 2013年2月のアーカイブ

ページの上部に戻る