JR宿舎跡地(8500㎡)売却はやめ、区民のために活用せよ!共産党目黒区議団は予算修正を要求!

JR跡地
日本共産党目黒区議団は、現在開かれている第1回区議会定例会に、2015年度予算の修正案を提出しました。3月10日から本格的な新年度予算案の審議が始まる予算特別委員会で取り扱われます。
内容は、主に8500㎡のJR跡地の売却収入を歳入から外し、財政調整基金を歳入に繰り入れるものです。この予算修正案は無所属・独歩の会との共同提案です。

●区民の貴重な財産を売るな!

いま目黒区は保育園や特養ホームが足りません。区もそれを認めていながら、土地の確保が大変だといってこの間なかなか増えませんでした。それなのに、福祉のために32億円で買ったこのJR跡地を20年間ずっと放置して、今回27億円で売却するというんです。こんなおかしい話はないと思います。このことは、今年の4月に行われる区議会議員選挙の大きな争点になります。
一等地に福祉施設はもったいないと民間のもうけのために活用させようとしたり、今回の売却計画に無条件に賛成している自民・公明・民主に、選挙で厳しい審判を下してください。日本共産党は、JR跡地売却はやめて、区民のくらしのために使えと訴えています。わたしもこのことを実現するため、みなさんとともにがんばります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください