ホーム > アーカイブ > 2011年9月のアーカイブ

2011年9月のアーカイブ

石巻支援活動報告No3

こんにちは。わたしは引き続き、石巻市の被災地支援活動を行なっています。

9月11日は、三浦かずとし救援センター長を先頭に、大橋地域の仮設住宅へ救援物資のお届け活動をやりました。

【支援物資をお渡しする青年たち】
いま、本当に多くの若者が日本共産党のボランティアに参加し、直接被災者のお話を聞き、被災地の大変な状況を見ていきます。

わたしたちの支援物資お届け活動は、町会の会長からも感謝されました。


ボランティア活動の先頭に立つ三浦かずとし救援センター長は、本当に地域のみなさんに信頼されているなと感じました。

昨日(9月12日)は、神奈川川崎北部から来た6名と、東大の学生1名が参加し、被災したゴルフ場の草むしりを行ないました。ここにも2メートルの津波が来て壊滅しています。早くゴルフ場を再建させたいという地域の要望があり、懸命に活動に取り組みました。高齢者が多く、日中大変暑かったため、無理をせず、水分補給と休憩をしっかりとってゆっくり作業を行ないました。自分がきれいにしたところが明確に分かるため、重労働だが、みんなやりがいがあるとおっしゃっていました。

引き続き、石巻市で被災者支援活動をがんばっていきます!
よろしくお願いします。

石巻市 支援活動報告 No2

昨日は石巻市の蛇田中央公園仮設住宅で大規模な無料バザーを開催しました。千葉大学や多摩大学から15名以上の若者が、無料バザーのボランティアに参加。全国から集まった支援物資のお米と野菜120人分を用意。納豆屋さんから提供された人数分の納豆も配らせていただきました。今回のバザーでは何か被災者の役に立ちたいという若者がたくさん集まり、物資をひとりひとりに手渡していました。
仮設住宅にお住まいの住民のみなさんからは温かい笑顔があふれました。


【蛇田中央公園仮設住宅でのバザーを開催】


【青年たちが被災者一人一人に支援物資をお渡し】

また、東京中野区から来た美容師2名も、自分たちも何か被災者のお役に立ちたい!との思いから、仮設住宅の集会所で髪のカットのボランティアを行ないました。約50名の住民がお越しになり、カットを終えた住民からは次々と「ありがとう!うれしい」という感謝の声をいただきました。


【仮設の集会所で、美容師さんによるヘアカットのボランティア】

仮設住宅では被災者の方から、くらしの悩みや要望の聞き取りを行ないました。被災者の声を、政治に反映させ、被災者の立場で復興を前に進めなければなりません。とくに住宅ローンの問題や、自宅が壊されこれからどこに住んだらいいのか、という住宅の悩みが多かったです。


【津波で自宅を流されたという被災者の方から話を聞きました】

家を建て替えしたばかりなのに、津波で家が全壊。津波が引いてしばらくして家に戻ると、居間には知らない方の遺体があったそうです。地盤沈下しているし、もう自宅に戻ることはできない。自分の土地は、国が津波被害のメモリアル公園にするらしいが、国からは代替地などの説明はほとんどない。新しい土地で家を建てたいが、お金もなく見通しが全然見えない。国は早く方向性を示してほしいと話しています。今の生活も、仮設に入ることはできたが、年金暮らしで生活が厳しい。住宅ローンが残っているのに昨日銀行からローンを返済しろといわれた。一体どうしたらいいのか、と本当に切実なお話をしていただきました。

仮設住宅も、住みよい環境とはいえません。物干しスペースが小さい。物が置けない。雨が吹き込んでくる。これから冬になるが、壁に断熱材がなく、水道管が凍結したり、暖房の問題にみなさん不安を抱えていました。雨が降ると床が波打つなど、仮設住宅の粗悪さがわかりました。高齢者や障害者も多く、手すりやスロープを取り付けてほしいという声も切実でした。
住民が、市役所に相談にいくと、ほとんど相手にしてもらえなかったそうです。「仮設だから仕方ない、2年で出て行ってもらうのだから」というような対応。役所は仮設だから「がまんしろ」といっているようなものです。被災者のみなさんは本当にいま「がまん」しています。
これが被災者の実情です。


【被災者ひとりひとりから実情をうかがう青年】

こういう被災者の生の声を政治に反映させるために、みんなで力を合わせがんばっていきたいと思います。

石巻の災害支援活動にきています!

宮城県石巻での支援活動報告

9月5日から17日まで、宮城県石巻市にある日本共産党の災害対策センターで、救援物資の配布や、がれきの撤去などの支援活動を行う予定です。わた しは、今回で3度目の現地支援になります。東日本大震災から6カ月近くが経ち、少しは生活も改善しているかと思いましたが、被災者の生活はまだまだ大変で した。

いまだに避難所生活のかたも大勢いらっしゃいます。わたしは現地に到着した翌日から、津波被害が大きかった石巻の湊地区に入り、救援物資の配布バザーを行ないました。この日は、東京大田区から11名、東京で共産党のボランティア募集のポスターを見てやってきた青年1人、民青同盟の青年が1人とわたしを含め総勢 14名での活動。被災者約50名の方にお米や野菜、食器や生活用品などをお渡ししました。わたしはそこで被災者の方に「なにか困ったことや要望はないです か?」と聞くと、堰を切ったように切実な声が次々とあがりました。「病院も遠いし、商店も減って買い物も不便。漁業も壊滅。はやく以前の石巻に戻ってほし い」という現地の早期復旧を望む声や、「早く生活再建したいが、義援金が足りない」という声。「1階が津波でやられ自宅の2階で大変な思いで生活してい る。家の改修も食費も全部自己負担。つらい・・」こういう被災者の切実な声を、政治にきちんと反映させなければと感じました。

わたしがいる石巻市の日本共産党の救援対策センターは、いまも全国から続々と来るボランティアの受入れに大忙しです。今回新たに居住制限が解除された地区では、まだがれき除去や泥だしができていない家屋が多数あります。いまボランティアセンターで取り組んでいる、地震で壊滅した墓地の清掃ボランティアは、地域の方に大変喜ばれています。こういう活動に参加して、あらためてボランティア活動の重要性を実感しています。

ホーム > アーカイブ > 2011年9月のアーカイブ

ページの上部に戻る