【目黒区】 認可保育園の保育料をいっせいに値上げする計画。子育て支援に逆行

8月8日、目黒区が区立幼稚園、認可保育園、学童保育クラブの保育料がいっせいに値上げされる案を発表しました。9月の議会で条例改定を行い来年の4月に実施しようという、住民無視の一方的なやり方に、区民から怒りの声が上がっています。
わたしも、今回の区の施設使用料の値上げ問題で、明日(8/28火曜日)、区に対して住民のみなさんといっしょに陳情を出そうと思っています。あまりにも筋の通らない一方的な値上げ案で絶対に許せません。

とくにわたしがおかしいと思うのは、区の認可保育料値上げです。もしこんなことが実現されれば子育て世代に大打撃です。いま少子高齢化が進む目黒区で、子育て支援の必要が叫ばれている中、認可保育料の値上げなど理解できません。今回の保育料見直しの理由として目黒区は、保育園運営にかかる費用が増えていること、保育園を利用している子どもと利用していない子どもの公平性の問題、認可外保育園(認証保育園など)との保育料の格差を是正するために値上げを行うなどと説明しています。

けれども、本来の目黒区の役割は、親の収入にかかわらず幼児教育や保育を受ける権利を保障することにあります。にもかかわらず、「区の保育サービスを受けている子ども」と「民間の保育サービスを受けている子ども」の負担の格差を是正するために値上げを強行するという区の姿勢は、子どもが保育を受ける権利をないがしろにするものです。区の責任放棄なのです。

しかも、認可保育園と、認可外保育施設との格差は、国や東京都、目黒区の認可保育園の整備が大変不十分なのが根本的な問題です。
わたしの事務所で行なっている生活相談でも、「保育園に入りたくても入れない。どうしたらいいか?」と子どもを抱えた夫婦が相談にくるくらいです。多くの父母が、認可保育園に入りたくても入れないなかで、利用負担の大きい認可外保育施設を利用しています。こうした保育行政の根本的な欠陥を放置したまま、認可保育園の保育料の値上げで、さらに親や子どもに負担を強いるというのは絶対に容認できません。このブログをご覧のみなさんにお願いです。ぜひ、ごいっしょに区に対して保育料値上げの反対の声を上げてください。そして、子育て充実の目黒区をともに作っていきましょう。

Follow me!

【目黒区】 認可保育園の保育料をいっせいに値上げする計画。子育て支援に逆行” に対して1件のコメントがあります。

  1. とん より:

    保育料、上がりました。
    それによって、正直無認可や、認証保育園と
    大差ない料金になりました。
    無認可や認証保育園は園庭がないのに対し
    元々あるに可保育園だけが、広さを兼ね揃えています。
    差をなくすのであれば、逆に認証、無認可保育園への
    補助金を出す等するべきだったのではないでしょうか。
    調べれば調べるほど、近隣の区との補助金などの差に
    驚きを隠せません。
    目黒区は一体、何にお金を使っているのでしょうか。
    新設予定の保育園も苦情でストップしたようです。
    多くは、子供の声が騒音という悲しい理由です。
    目黒区に家を買ってしまったことを、とても後悔しています。

    1. 松嶋 祐一郎 より:

      コメントありがとうございます。

      目黒区は毎年40億の黒字、積立基金も120億円と過去最高です。
      目黒区が福祉の心を持てば、保育園を増やし、保育料を値上げしなくてもよいはずです。
      認可園と無認可園の保育料の格差をなくすよう補助金の拡充も必要と思います。
      ごいっしょに保育料の引き下げ、そして園庭のある保育園を増やすなど保育の質を十分に保つよう声を上げていきましょう。

      松嶋祐一郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください