介護保険の値上げゆるせない!

目黒区は現在、第五期の介護保険事業計画素案を区民に示し、介護保険料について、月額基準額を現行の4200円から、5200円に引き上げる提案をしています。
日本共産党目黒区議団は1月10日、目黒区に対し、これで2度目となる介護保険料の引き下げを求める要請をおこないました。
現在、国は消費税の増税や年金受給額の引き下げなど、高齢者へよりいっそうの負担をおしつけようとしており、このような状況のなかで、これ以上介護保険料が引き上げられれば、「介護保険料が高すぎる」と悲鳴を上げているお年寄りの生活を窮地に追い込むことになります。
日本共産党目黒区議団は、介護保険料引き下げのため、国や都に対して、保険料抑制のための新たな公費負担を引き続き、働きかけるよう区に要請しました。また区民から寄せられた「介護保険の引き下げを求める署名」を353人分提出しました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください