中目黒再開発とJR跡地の見学会

2月26日、日本共産党目黒区議団が行った中目黒再開発とJR跡地の見学会に行ってきました。区内全域から30人近くの参加者がありました。中目黒駅前にある165mのアトラスタワーの屋上に登ると、360度の眺望で、まさに東京が一望できます。

中目黒再開発に86億円の補助金が

この高層ビルの建設に、区は税金を86億円も投入しています。富裕層しか住めない、高級高層マンションの建設に、税金が投入されるのはおかしいのではないでしょうか。さらに、上目黒1丁目のJR宿舎跡地の開発も進めようとしています。このJR跡地は、都と区が32億円ずつお金を出し購入したもので、区営住宅などの公営住宅を整備する計画でした。

50年の定期借地権で大企業に便宜

ところが、区は従来の計画を変更して大企業に50年以上もの定期借地権で貸し出す計画にしてしまいました。どうして、区民の財産であるJR跡地を大企業の金儲けのために貸し出さなければならないのか。
いま、公営住宅に入りたいという声や、特養ホームが足りないという声が増えています。保育園も足りません。JR跡地を活用して、福祉施設や公営住宅を増やせば、区民の切実な要求に答えられます。日本共産党はいまこそ区民のために、区民の財産を活用すべきと今開かれている議会で区長に迫りました。

Follow me!

中目黒再開発とJR跡地の見学会” に対して1件のコメントがあります。

  1. jeanvaljean より:

    選挙、もう一歩でした。以前、大脇友さんからあなたのこと知りました。今はフランスにいます。ですから力になれなかったのですが。いまから実力を蓄えて、4年後に挑戦してください。あなたの若さと誠実さがあれば、今度はきっと当選します。

    1. admin より:

      ありがとうございます!次回に向けてがんばります。今回の選挙は、応援団が高齢化で少なくなってしまい本当に厳しい戦いでした。次は若者といっしょに選挙が戦えるような体制を作って、勝利を目指します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください