松嶋祐一郎ニュースNo9

目黒区2011年度予算原案発表

生活関連事業計画は延期・廃止
JR跡地など開発計画はそのまま

1月7日、目黒区の新年度予算原案が区議会に示されました。
発表された予算原案は、緊急財政対策として昨年区が打ち出した、東山小学校改築延期で11億円、区立第4特別養護老人ホーム整備延期で7億円、地域密着型サービス基盤の整備延期で3億円など建設関連で27億円、さらに、箱根保養所の廃止、中堅ファミリー世帯の家賃助成の削減、高齢者世帯住み替え家賃助成の削減、図書館の図書費、雑誌購入費の削減、団体補助の削減などあわせて31億円の歳出削減が示されました。

区民の財産であるJR跡地はあくまで区民のために

区民の生活にかかわる事業を削減しておきながら、32億円も出して購入した区民の貴重な財産であるJR跡地(8500㎡)については計画通り、大企業の儲けのために貸付するため、事業者募集経費550万円を計上しています。(しかも、50年から70年の定期借地)
日本共産党目黒区議団では、区が示した予算原案に対し、区民のくらしを守る立場で復活要求を行いました。詳しくは松嶋祐一郎ニュースNo10でお知らせします。

中根学童保育クラブ建設
子宮頸がんワクチンの全額助成など実現

予算原案には区民のみなさんと日本共産党が取り組んできた切実な要求も盛り込まれています。

●中根学童保育クラブ建設
現在の中根学童保育クラブの隣に新たに建設

●子宮頸がんワクチン接種の全額補助
対象中学1年から3年生の女子

●妊婦検診でヒト白血病ウイルス 1型抗体検査
●小児用肺炎球菌ワクチン
●賃貸型認可保育所の整備(70人規模)
●低所得者向け都市型経費老人ホーム1箇所の整備費補助
●耐震化促進のための分譲マンションアドバイザー派遣制度の創設
●耐震診断士による木造住宅別訪問
●小口融資、経営安定資金融資の継続
●商店街のLED化支援補助
●緊急雇用創出での臨時雇用

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください