デング熱の感染拡大で公園など対策を要請

都内でデング熱の感染が広がっています。目黒区でも「めぐろ区報」などで区民に注意を呼び掛けています。9月に入り都立大駅周辺では氷川神社のお祭りがあり、神酒所を構えます。区民からは、お祭りの前に蚊対策として消毒してほしいという要望も出ています。日本共産党目黒区議団は、各区立公園の蚊対策を講じるよう区に要請しました。
区は、区内の蚊のサンプリング調査を9月8日西郷山公園、菅刈公園で行い、結果でデングウイルス保有の蚊が見つかった場合、国や都と連携し、専門家の助言を受け蚊の駆除を検討していくとしています。東京都としては、駒沢公園の蚊のサンプリング調査を行いました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください