松嶋祐一郎・東大生の前で訴え!

5月24日、「日本共産党を応援する東大生の会」が企画するつどいに招かれ、わたしが政治を志したわけや、共産党への思いをお話してきました。
ブラック企業問題や不安定雇用、賃上げ政策で深い議論ができました。 学生から寄せられた感想を紹介します。

「年の比較的近い松嶋さんのお話は大変聞きやすいものでした。法人税と国際企業の活動場所についてのお話、マスコミによる一市民の思考の経営者化など、非常に印象に残るものの多い講演でした。」
「松嶋さんが『私たち一人一人が主権者として民主主義を守るために立ち上がらないといけない』と仰ったのが印象に残りました。一人の国民として政治にしっかり関わっていきたいと思います」

わたしは東大生の前で、東京都に就労支援事業を拡充させ、働く人を大切にする政治、正社員が当たり前の雇用ルールを実現させようと訴えました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください