11.11 反原発1000000万人大占拠に参加しました!

      

原発即時ゼロ・原発の再稼働反対!

11月11日に行われた国会周辺・省庁前での抗議行動に参加してきました。雨が降る中、多くの市民が「再稼働反対!再稼働反対!」と抗議の声をあげていました。わたしもともに声を上げてきました。国会議員や著名人らのスピーチを聞くために、17時に国会議事堂前に移動しました。
日本共産党の志位委員長は「いますぐ、ただちに、全国すべての原発をなくす政治決断をおこなえ!」と力強く訴えていました。わたしもその実現に向けて国民のみなさんと力をあわせがんばる決意です。
「原発をやめると電気が不足する」「経済活動に支障をきたす」といって、「原発ゼロ」は無責任だという人もいます。しかし、原発事故のリスクはあまりに巨大であり、あまりに危険です。わたしたちは福島の事故でそれを学びました。原発ゼロによって起こる影響と、再稼働を秤にかけること自体がナンセンスです。

わたしが感動したのは、次の都知事選へ立候補を表明している宇都宮健児さんのスピーチです。
「東京は福島電力で発電した電力の最大の消費地です。東京都民や東京都は福島原発の被害者のみなさんを全力で支援する、救済する、そういう大きな責任がある」と述べ、「わたしが都知事になったら被災地支援に全力を尽くします」と訴えました。また、「原発のない社会は人にやさしい社会だ」と述べ「東京から脱原発をめざす!」と力強く訴えていました。わたしも「原発ゼロ」をめざし、都政を換えたいと願うものとして、このスピーチは本当に感動し、宇都宮健児さんをぜひ都知事に押し上げたいと思いました。

次の都知事選、そして来るべき総選挙で、原発問題は大きな争点になります。日本共産党は、「即時原発ゼロ」を実現し、自然エネルギー、再生可能エネルギーへの転換を進めます。いまこの方向こそ、国民の安全と生活に責任をもつ政治がとるべき姿勢ではないでしょうか。

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください