「介護保険・国民健康保険・後期高齢者医療の負担軽減と改善のための申し入れ」に行って来ました

10月25日、日本共産党都議団・区市町村議員団・日本共産党東京都委員会は、東京都に対して、介護保険の負担軽減と介護サービス拡充のための支援・国民健康保険への財政支援・後期高齢者医療の負担軽減と改善のための財政支援を求める申し入れを行いわたしも参加しました。石原都政のもと、連続する社会保障改悪で、都民の暮らしは悪化の一途をたどっています。ある区議からは、「国保税が高くて払えず滞納していた40代の女性が、病院に行くのをためらっていたため、病気が悪化し手遅れで亡くなってしまった」と、きびしい現状が報告されました。
介護では、増え続ける特養老人ホーム待機者を解消するために都の用地費補助・都有地提供などを求める声があがりました。介護保険や国民健康保険の保険料が高すぎて払えない状況も続いています。区市町村の一般会計からの繰り入れが厳しい中で、財政力豊かな都が財政支援をするのは当然のことだと思います。石原都知事辞任で、新しい都政を作るチャンスも生まれています。社会的弱者を切り捨てない、あたたかい都政をご一緒に作っていきましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください