映画「いのちの山河 日本の青空Ⅱ」を観て

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=joLIJM7Ivto[/youtube]
12月20日 めぐろパーシモンホールで行われた映画「いのちの山河 日本の青空Ⅱ」の上映会に行ってきました。この映画は、岩手県沢内村の村長、深沢晟雄の物語です。彼は豪雪、多病、貧困で苦しむ村民の命を救うために立ち上がり、日本で初めて65歳以上の高齢者の医療費無料にしたり、乳児の死亡をゼロにしたりと、生命を尊重する施策で、多くの村民の命を救いました。
その拠り所となったのは、憲法25条の生存権です。「命よりもモノを大切にする政治はあぶない」という深沢村長の言葉にわたしは大変共感しました。豊かになった現代社会でも、保険料が払えず保険証を取り上げられ体調が悪くても病院に行けなかった人がいます。そしてある人は、そのままがんを放置してしまい、手遅れになって亡くなりました。そんな人が、この目黒区にも現実にいるのです!!
 ここまで医療が進んでいても、お金が無かったばっかりに命を落としてしまう。かつての貧困だった沢内村と同じ状況です。わたしは、深沢村長のように、生命尊重の目黒にしたい!目黒区でも高齢者の医療費無料を実現したい!と強く思いました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください