日本共産党の図書館政策ができました!

日本共産党は6月5日に図書館政策を発表しました。
図書館の非常勤職員の待遇改善や、資料費の増額、民間委託の見直しで図書館を元気にする5つの提案です。
2012年から2014年にかけた目黒区の緊急財政対策と称して、緑ヶ丘図書館の開館時間まで短縮されるという事態になり、開館時間戻せと1300筆を超える署名運動が起こりました。また、この間の区の図書館職員の削減と委託の拡大によってリファレンスの低下が起こり、質の低下が危ぶまれています。今回出された共産党の図書館政策は目黒区の図書館を守るためにもぜひ実現したい内容です。ご覧になりたい方はお気軽に松嶋祐一郎事務所までお問い合わせください。日本共産党東京都委員会のホームページでもご覧になれます。

カテゴリー: 政策 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください