松嶋祐一郎のあゆみ 2

小学校に入学し、わたしは鈴木先生という素晴らしい先生に出会いました。他者をいたわり、みんなで支え合うことの大切さを学び、それがわたしに大きな影響を与えてくれました。この鈴木先生の教育方針の原点は、ラグビーでした。鈴木先生は、子どもたちのために、ラグビースクールを運営していたのです。ラグビーには、「One For All All For One」という有名な言葉があります。「一人はみんなのために、みんなは一人のために」です。鈴木先生はつねにこの精神で、子どもたちを教えておられました。体が小さくいじめられていたわたしも、鈴木先生の勧めでラグビースクールに入り小学生の6年間通い続けました。(その影響で高校時代もラグビー部に入りました。)いまでも、鈴木先生は武庫川の河川敷で、元気に子どもたちにラグビーを教えています。夏休みには、河川敷にテントを張ってみんなで合宿をしたことは、忘れられない良い思い出です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください